<cite id="wpolg"><p id="wpolg"><pre id="wpolg"></pre></p></cite>
      <dd id="wpolg"><font id="wpolg"><object id="wpolg"></object></font></dd>
      <cite id="wpolg"></cite>
      <address id="wpolg"><samp id="wpolg"></samp></address>
        
        
          <address id="wpolg"><listing id="wpolg"></listing></address>
          <cite id="wpolg"><p id="wpolg"></p></cite>
            <meter id="wpolg"><ins id="wpolg"></ins></meter>
            1. 人琴棋牌

              ホーム
              • 企業情報
              • マルホ グローバルコンプライアンス行動規準

              マルホ グローバルコンプライアンス行動規準

              マルホ株式會社およびすべての子會社(以下、あわせて‘マルホグループ’といいます)は、コンプライアンス(プロフェッショナルとしての姿勢?マナー等を含む)に関するグローバル行動規準を制定します。このグローバル行動規準は、世界中のすべての事業活動において適用される共通の原理原則です。

              また、マルホグループ各社は、グローバル行動規準をもとに各社のローカル行動規準を制定することができるものとしますが、各國の法令等を遵守しなければなりません。ローカル行動規準が各國の法令等に抵觸する場合は、各國の法令等が優先します。

              グローバル行動規準は、マルホグループ各社、そのすべての役員?従業員、[マルホグループと契約し業務を擔う第三者]に適用します。マルホグループの役員?従業員は、自らの行動、そして會社業務としての活動において、グローバル行動規準および適用されるローカル行動規準を遵守します。特に斷りがなければ、このコードにおいて“私たちは”は、マルホグループ各社とそのすべての役員?従業員を含みます。

              Ⅰ.基本方針

              1. 基本的心構えについて

              • (1)私たちは、醫薬品という、健康、生命に関わる製品を取り扱う者として、人々の健康で質の高い生活に貢獻することを使命としています。そのため、一人ひとりが事業活動を行う上で、関係法令を遵守することはもとより、生命倫理を含めた高い倫理観と良識と自覚を持ってこの基本方針に基づき行動します。
              • (2)私たちは、製品の研究?開発?製造?販売等の様々な過程において外部委託先に業務を委託した場合であっても、最終的な責任は私たちが擔うことを自覚し、外部委託先と協働します。
              • (3)私たちは、人権を尊重します。また、國際的な事業活動において、條約等の國際ルール、現地の法令を遵守するとともに現地の文化や慣習を尊重します。

              2. 違反行為の対応について

              • (1)私たちは、一人ひとりが互いに注意し合い、グローバル行動規準、適用されるローカル行動規準の違反防止に努めます。もし、グローバル行動規準、適用されるローカル行動規準および法令に対する違反行為またはその疑いを発見した場合は、所屬する會社の上司、他の管理職、コンプライアンス部門等に通報します。
              • (2)マルホグループは、通報された違反行為またはその疑いに対して速やかに調査し、必要に応じて適切な是正措置および違反行為者の処分を行います。
              • (3)マルホグループは、誠実な懸念に基づき違反行為またはその疑いを通報した従業員が、そのことをもって不利益な扱いを受けることを禁止します。

              事業プロセスについて

              3. 研究?開発について

              • (1)私たちは、非臨床試験の実施にあたり、関係法令、社內規定等を遵守し、科學的観點から有効性、安全性、品質を適正かつ客観的に判斷できる正確なデータを取得します。また、非臨床試験により得られたデータについて、その薬剤が臨床試験を行う価値があることを十分に検討します。
              • (2)私たちは、臨床試験の実施にあたり、関係法令、社內規定等を遵守します。また、安全かつ有効な製品の早期上市に努めるため、醫師や専門家と連攜した上で臨床試験を実施し、得られたデータを正確に反映させた報告書(資料)を作成し、安全性や有効性について十分に検討します。
              • (3)私たちは、臨床試験に參加する被験者の人権を最大限に尊重し、必要な情報を適切に醫療機関に伝達するとともに、萬一、安全性に問題があると判斷した場合には、直ちに実施計畫を見直し、臨床試験継続の可否を適切に判定します。また、臨床試験において、萬一、被験者に健康被害が生じた場合の社內體制を整備し、被験者の安全確保を第一優先として対応します。
              • (4)私たちは、醫薬品等の研究、開発において、動物を用いた実験を行うときは、その尊い犠牲のもとに行われることを認識し、科學および動物福祉の観點から、動物の飼育、保護および管理に関する関係法令、社內規定等を遵守します。

              4. 製造、輸出入について

              • (1)私たちは、製品が生命関連商品であることを自覚し、醫療機関および患者さんへ安定供給します。
              • (2)私たちは、製品の製造にあたっては、関係法令、社內規定等を遵守し、製造の全工程にわたって十分な品質管理を行います。萬一、製品の有効性、安全性、品質に疑義が生じた場合は、人命尊重を第一とし、回収等の対応を迅速に行うとともに、再発防止に向けて原因を究明します。
              • (3)私たちは、製品、原材料、設備、機器、ソフトウェア等の物流、輸出入について、適法かつ適正に行います。

              5. 醫薬情報活動について

              私たちは、醫療機関等への醫薬情報活動にあたり、関係法令、社內規定等を遵守し、他の事業者およびその製品を誹謗?中傷せず、公正で透明な情報活動を実踐します。

              6. 販売、マーケティング、宣伝活動について

              • (1)私たちは、販売、マーケティング、情報伝達等にあたって、関係法令、社內規定等を遵守し、企業倫理に従い、公正な営業活動を実踐します。
              • (2)私たちは、広告、宣伝用媒體の作成と使用にあたっては、関係法令、社內規定等を遵守します。また、虛偽、誇大にわたったり、社會的差別や人権侵害等にならないよう、公正な內容、表現を基本とします。

              7. 市販後の調査?研究等について

              私たちは、市販後も、製品の有効性、安全性について、関係法令、社內規定等を遵守し、調査?研究を実施します。

              Ⅲ.公正な事業慣行とステークホルダーとの関わりについて

              8. 公正な取引および自由な競爭について

              • (1)私たちは、醫療機関、競合他社、販売先、仕入先、購買先等との関係においては、関係法令に則り、公正かつ合法的な企業活動を行います。
              • (2)私たちは、仕入先、購買先等との関係を公正、健全なものとし、職務上の地位や権限を利用し、不正な利益(金銭、物品、接待、便益等)の提供を受けたり、要求したり、約束しません。
              • (3)私たちは、競合他社との間で、製品の価格、生産量、顧客の選定、その他の競爭條件について情報交換し、またはこれらの競爭條件に影響を及ぼす取り決めを行いません。

              9. 贈賄の禁止について

              • (1)私たちは、いかなる者に対しても、取引上の優遇を受けるために、賄賂や不正な謝禮(金銭、物品、過度な接待、豪華な贈答等)を提供したり、申し出たり、約束しません。
              • (2)私たちは、いかなる者に対しても、取引上優遇する見返りとして、賄賂や不正な謝禮(金銭、物品、過度な接待、豪華な贈答等)を受けたり、要求したり、請求しません。
              • (3)私たちは、代理人など私たちのために活動する者を上記の行為に関與させないようにします。

              10. コンサルタント等の業務の依頼について

              私たちは、醫學、薬學関係者をはじめとした社外の専門家に、コンサルタント、アドバイザー等の業務を依頼するときは、関係法令に違反するものでないよう注意します。コンサルタント料等は、私たちが受け取ったサービスに見合った金額とし、そのサービスの內容は、適切に記録します。

              11. 研究?教育助成のための寄付について

              私たちは、醫學?薬學研究、學術研究、教育助成のための寄付を行うときは、その寄付が違法でないことを確認し、純粋な寄付行為として行い、相手方に見返りを要求したり、期待しません。

              Ⅳ.會社資産と情報管理について

              12. 會社資金、資産の違法目的での支給および私的利用の禁止について

              私たちは、マルホグループ各社の資金、物品その他の資産を、與えられた職務遂行のためにのみ使用し、違法な接待や賄賂等、違法な目的に使用したり、自己または第三者の利益のために使用しません。また、経費の不正請求や金品の著服を行いません。

              13. 個人的利害との抵觸の禁止について

              私たちは、マルホグループ各社の利益に反する行為は行わず、また、マルホグループ各社を犠牲にして、個人の利益を図るような取引を行いません。

              14. 知的財産の取り扱いについて

              • (1)私たちは、研究、開発その他の職務により生じた成果が當社の重要な知的財産であることを認識し、積極的に成果の権利化に努めます。また、マルホグループ各社の知的財産を職務遂行のために有効に活用すべきことはもちろんのこと、常に大切に取り扱い、自己や第三者の利益のために不正に使用しません。
              • (2)私たちは、第三者の知的財産権を尊重し、法令を遵守します。また、業務の遂行に際して、第三者が有する知的財産権を不當に侵害しません。

              15. 情報資産の取り扱いについて

              • (1)私たちは、マルホグループ各社が保有する情報資産の重要性を認識し、関係法令、社內規定等に従い、適切に管理します。
              • (2)私たちは、情報資産が秘密情報の場合、在職中および退職後も、適正な手続を経ずに社外の者に開示せず、自己や第三者の利益のためにまたはマルホグループ各社に損害を與えるために不正に使用しません。また、マルホグループにおいて、當該情報の入手が業務上必要と認められた者にも、適正な手続を経ずに開示しません。
              • (3)私たちは、直接?間接を問わず、第三者の秘密情報を不正に取得?使用?開示しません。
              • (4)私たちは、マルホグループ各社のパソコンその他の情報システムを事業活動以外の目的に使用しません。また、許可を得ずにマルホグループ各社のパソコンその他の情報システムに業務で許可されていないソフトウェア等をインストールしたり、社外のネットワーク等に接続しません。

              16. 個人情報の取り扱いについて

              • (1)私たちは、個人情報、プライバシー保護の重要性を認識し、関係法令、社內規定等に従い、個人情報を適法かつ適正に取得し、取り扱い、正當な事業目的にのみ利用し、または會社が負う法的義務を遵守します。
              • (2)私たちは、會社が保有する個人情報の紛失?漏えい?不正アクセス?不正な取り扱い等を防止するために、個人情報の管理體制を的確に構築?運営します。

              17. ソーシャルメディアの適正利用について

              私たちは、ソーシャルメディアにおける情報発信が、會社の評価になり得ることや會社あるいは第三者に悪影響を與える可能性があることを認識し、責任ある言動を常に意識します。また、マルホグループ各社やマルホグループ內外の人の名譽や信用を毀損する言動は行いません。

              18. インサイダー取引規制の遵守について

              私たちは、証券取引関係法令に定めるインサイダー取引規制を遵守します。

              19. 會計記録の正確性および文書管理について

              • (1)私たちは、會社會計において、経理関係法令、社內規定等を遵守します。また、會計記録の作成にあたり、會計原則および會計慣行に従い、正確にこれを行います。
              • (2)私たちは、関係法令、社內規定等を遵守して、業務上の文書、その他の記録(電子的文書を含む)を適切に作成、取り扱い、保管、保存および廃棄します。

              Ⅴ.職場環境について

              20. 雇用関係法令遵守および安全衛生のための取り組みについて

              • (1)私たちは、雇用関係法令を遵守します。
              • (2)私たちは、安全衛生関連法令、社內規定等を遵守し、安全および衛生に配慮した職場環境をつくり、労働災害の防止と従業員の心身両面の健康維持に努めます。

              21. 不當な差別、ハラスメントの禁止について

              • (1)私たちは、社內外を通じて、人種、國籍、民族、性別、年齢、宗教、信條、思想、性的指向、學歴、障害、疾病、社會的身分等による不當な差別、嫌がらせを行いません。
              • (2)私たちは、一切のいじめやハラスメントを防止、排除し、快適な職場環境を維持します。

              22. 公正な人事の実施について

              • (1)私たちは、公正、かつ透明性のある人事を行います。
              • (2)私たちは、自らの、もしくは他の役員、従業員と個人的な関係があることにより、採用、評価、異動、昇進、昇給等において、特別に有利な扱いはしません。

              Ⅵ.環境について

              23. 環境保全について

              私たちは、環境関係の法令、社內規定等を遵守し、地球環境?地域社會への影響に常に配慮した事業活動を行い、可能な限り環境に影響を與えないように取り組みます。

              附 則

              このグローバル行動規準は、2013年4月1日付にて制定され、以後定期的に審査し、必要に応じて改定されます。

              ページトップへ
              人琴棋牌